前へ
次へ

人材派遣を有効利用するための注意点とは

人材派遣会社は人手が足りない時に望んでいるスキルを持った人をよこしてくれるので、即戦力が欲しい場合にとても便利です。
入社年数の浅い正社員よりも、よっぽど役に立つ場合もあります。
しかし注意したいのは使い方を間違ってしまうと後々、大変になってくるということです。
まず派遣期間が終わったらいなくなってしまいます。
人材派遣会社は顧客の要望に応えるために、様々なスキルを持った人材を確保しています。
仕事につけばすぐに理解して戦力になる可能性が高いです。
しかしコアな仕事を任せ過ぎて、いなくなったら仕事に支障が出てしまったということを避けなくてはいけません。
また自社雇用の人間との間に壁をつくるのは避けなくてはいけません。
全体ミーティングは自社や派遣問わず、全員参加の方がモチベーションが上がりやすいです。
疎外感を感じさせる扱いは、チームワークや生産性に大きく影響してしまいます。
仕事の内容や範囲も明確にして、不満が出ないようにするのも雇用先の大事な業務です。

Page Top